RMJ リユースモバイル・ジャパン

RMJ|リユースモバイル・ジャパン

リユースモバイルが広まれば、もっと気軽につながれると思う。

RMJ|リユースモバイル・ジャパン

リユースモバイルが広まれば、もっと気軽につながれると思う。

リユースモバイル・ジャパン設立背景

総務省による「携帯電話料金その他の提供条件に関するタスクフォース」の開催や公正取引委員会による「携帯電話市場における競争政策上の課題について」の発表が行われ、家計における携帯電話料金などの負担軽減を目的とした(1)ライトユーザー、長期契約者向けの料金負担軽減(2)行き過ぎた端末販売の適正化(3)MVNOのサービス多様化など、携帯電話市場は大きく動き出しています。
そうした中、リユースモバイル通信端末(中古の携帯電話やスマートフォン等)は、消費者により低廉な負担で通信サービスをご利用いただける手段として、大きな注目を集めています。しかしながら、「行政との意見交換の受け皿である業界団体の不在」、「赤ロムの問題」「個人情報のデータ消去の課題」など業界としての課題も顕在化しています。
そのような状況を鑑みて、リユースモバイル通信端末を取り扱う事業者8社が発起人企業となり、RMJを設立する運びとなりました。

最新のインフォメーション

  1. 2017.03.16 メディア掲載実績
  2. 2017.03.14 リユースモバイル・ジャパンを設立いたしました。